> > > 誰もが知りたいお得情報!キャッシングにお勧めの金融機関

誰もが知りたいお得情報!キャッシングにお勧めの金融機関

この頃は消費税の税率アップや物価の値上がりなどで、生活に圧迫感を感じている方も多いのではないでしょうか。生活費が幅を利かせてレジャーや交際費にかけるお金もどんどん少なくなってきますよね。

そんな中突然の出費があったりすると大変!皆さんはどんな対応策をとっていますか?

今回はお金が足りなくて困っているアナタの為に、一番最善でお得な借入方法をご紹介しましょう。消費者金融や銀行など、何処の金融業者がお勧めなのかなど借入前に知っておいて損はない情報満載ですよ!

まずは考えよう!消費者金融、銀行どちらで利用するべきか?

今回初めてキャッシング利用を考えているアナタ。消費者金融、銀行どちらで利用したいと思っていますか?

まず最初に消費者金融、銀行キャッシングの特徴と、おのおのメリット、デメリットなどのご紹介をしましょう。

消費者金融のメリットとは

ここ近年件数の増えた消費者金融ではありますが、大手程利用しやすいとの、口コミも多く聞かれます。その消費者金融の利用しやすさのメリットとは一体何があるのでしょうか?

  • 審査時間が30分と短い
  • 即日融資可能のところが非常に多い
  • スマートフォン、携帯、パソコンなどネット環境さえあればいつでも申込可能
  • 来店不要
  • 自動契約機であれば当日中にもう自分名義のカードが受け取れる
  • 大手程支店の数が多い

口コミで聞かれるように、消費者金融の最大のメリットは、審査時間が短く、即日融資OK、審査が通ればもうその直後からキャッシングが利用出来るということになります。

近年大手消費者金融の最大の変化を遂げた特徴として、初回のみ金利0キャンペーンを実施している所が増えつつあるということです。初めてキャッシング利用される方には何とも嬉しいサービスとも言えます!

キャッシングする目的は、皆さん様々な理由で利用されることと思いますが、男性、女性とは利用目的が違ってるのがハッキリしています。

男性のキャッシング利用目的とは何が多いでしょうか?

  • 交際費
  • 旅行費
  • 自分の趣味

女性のキャッシング目的とは何が多いでしょうか?

  • 生活費
  • 子供の教育費
  • 保険費

消費者金融でキャッシングする目的は男性、女性見てもお分かりの様におのおの違っています。でもやはり日常ではどうしても足りなくなってしまうのが現状といえます。

ですから審査時間が早く、早くお金を借りたい方には、消費者金融はお勧めなのです。

消費者金融のデメリットとは

大手程支店数が多く、即日融資やネット申し込みが充実している消費者金ではありますが、実はこんな所にデメリットがあるのです。

  • 総量規制
  • 金利が若干高い
  • 専業主婦・無職・高齢者(70歳以上)は融資不可

一番注意したいのは、消費者金融界では、専業主婦、無職は融資の対象になれないことです。やはり収入がない観点から、審査の対象外にされています。

消費者金融の最大の融資条件は「安定した収入があること」なんです。勿論非正規でも融資の対象ではありますが、収入があってこそ、返済能力があるとみなして、審査が通って初めてキャッシングが利用出来るのです。

消費者金融の総量規制とは何を意味するの?

消費者金融でキャッシングを利用する際、必ず「総量規制」があります。これは一体どういったことと言いますと?

総量規制とは、2010年(平成22年)金融庁から全消費者金融に通達された貸付業法改正の法律であり、以後利用者に対する年収3分の1以上の融資は原則禁止となりました。

大手程最高限度額500万が相場が多いのですが、例えばアナタが消費者金融の最高限度額500万借りれるようにするには、年収が150万ないといけないのです。

ですから、消費者金融で限度額設定は必須であり、審査が通ってもアナタに設定された限度額以上の融資は絶対に不可能なのです。

消費者金融でキャッシング利用となると、大口融資は不向きかもしれません。何故なら、「総量規制」がかかっているからです。寧ろ大口融資希望であれば、銀行の方が向いてると言えます。

銀行のメリットとは

銀行もここ最近は消費者金融に対抗するかのように、キャッシングサービスを展開しています。銀行でキャッシングするメリットはこのような内容があります。

  • 金利が消費者金融より低め
  • 専業主婦、学生バイトでも融資対象になれる
  • 消費者金融のような総量規制の規則がない
  • 消費者金融の様に即日融資OKの会社が多い
  • ネット申し込みOK→消費者金融と同じ
  • 都市銀行・地方銀行共にキャッシングサービス充実

銀行キャッシングの最大の特徴は、「総量規制」がないことにつきます!これなら利用者も安心して申し込みが出来ます。

銀行のデメリットとは

消費者金融より、金利が低くて、総量規制の規則がない銀行ではありますが、実はデメリットも意外とあるんです。

  • 審査が厳しい
  • 消費者金融のような初回金利0キャンペーンをしている会社を見掛けない
  • 審査結果が消費者金融より出るのが遅い
  • 専業主婦、学生バイトは限度額が少なすぎる

でも銀行のデメリットを見たからと言って、何もがっかりする必要はありません。

銀行キャッシングは近年、どんどん金利を下げ、会社によっては最高限度額1,000万円のところも存在しています。100万以上の大口融資は銀行の方が寧ろお勧めです。理由は大口になれば、なるほど金利が小さくなっていくからです。

初回金利0サービス!お得情報満載大手消費者金融のご紹介

緊急性でお金が必要な時や審査時間が早い面では、大手消費者金融はピカイチです。どこの消費者金融が特にお勧めなのか、会社の特徴も含めてご紹介しましょう。

大手消費者金融No.1!プロミスのご紹介

プロミスは大手消費者金融の業績No.1と言われる金融業者です!金利が他の消費者金融より低く、店舗数も多い事から大変利用者の多い、高評判を常に保っています。

  • 商号:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
  • 登録番号:関東財務局長(11)第00615号
  • 貸付業界登録番号:日本貸金業協会会員第000001号
プロミス キャッシング 詳細
融資可能範囲 10,000~5,000,000
金利 4.5%~17.8%
延滞利率 20.0%
担保・保証人の有無 なし
必要書類 運転免許証・保険証・パスポート
融資方法 プロミスATM、銀行、コンビニATM、口座振り込み、店頭窓口
返済方式 残高スライド元利定額方式
返済期間・回数 最長6年9か月・1~80回
返済方法 プロミス、銀行、コンビニATM ,口座振り込み、店頭窓口、現金書留、インターネットバンキング

プロミスの特徴は何といっても、他社と比べての一番低い金利、そして審査の早さです。「今すぐにお金借りたい!」「当日中に何としてでも!」と言われる方には特にお勧めの大手消費者金融です。

プロミスの初回のみ金利0キャンペーンの特徴

プロミスの初回のみ金利0キャンペーンの特徴は、申し込んだ当日から「金利0キャンペーン」が適用されるわけではありません。

例えばアナタが5月25日にプロミスとキャッシングの契約をしたと想定します。25日にキャッシング専用のカードだけ受け取って、アナタは引き出しをしませんでした。申し込んだ1週間後、6月1日にアナタは10万円ATMから引き出しました。

つまり、アナタの金利0キャンペーンは6月1日から開始され、翌月の7月1日までが金利0の適用期間とされます。それだけ金利0が伸びるメリットがあるので、嬉しい話です。

大手消費者金融No.2!アコムのご紹介

アコムはプロミスに続く人気度の高い大手消費者金融です。この金融業者の最大の特徴は受け付けオペレーターの対応が素晴らしいということです!それに三菱UFファイナンシャルグループの会社でもあり、とても安心して利用出来る会社の1つとも言えましょう。

  • 登録番号:関東財務局長(11)第00022号
  • 貸付業界登録番号:日本貸金業協会会員第000002号
アコムキャッシング 詳細
融資可能範囲 10,000~5,000,000
金利 4.7%~18.0%
延滞利率 20.0%
担保・保証人の有無 なし
必要書類 運転免許証・保険証・パスポート
融資方法 銀行、コンビニATM、口座振り込み、店頭窓口
返済方式 残高スライド元利定額方式
返済期間・回数 最長6年9か月・1~80回
返済方法 銀行、コンビニATM ,口座振り込み、店頭窓口

アコムで早急にお金を借りたい場合は、まず申し込む前に専用のフリーダイヤルに電話することをお勧めします。そこで担当オペレーターが色々融資についてのアドバイスなど、親身に受け付けてくれます。

アコムの初回のみ金利0キャンペーンの特徴

アコムの初回金利0キャンペーンの特徴は契約日の翌日から1か月間と言われております。例えばアナタが5月25日にアコムと新規契約したとします。5月26日から1か月間は金利0が適用されます。(5月26日~6月25日が適用期間)

ここで注意しておきたいことがあります。プロミスの金利0キャンペーンとは大きな違いがあります。

プロミスでは、借り入れした日から1か月間金利0の適用ではありますが、アコムは契約日の翌日から1か月間です。ですからアナタがアコムで1週間後の6月1日にお金を引き出したとしても、7月1日にはもう金利0キャンペーンは終了し、金利が発生してしまいます。

ですから、アコムで金利0でお得に利用したいと思うのなら、キャンペーン適用期間内に返済を済ませなければなりません。

同じ1か月金利0キャンペーンを利用するのなら、プロミスの方が断然お勧めです!

総量規制が一切ない!人気急上昇中のお勧め銀行のご紹介

銀行キャッシングでは、消費者金融のような「総量規制」の規則が一切ありません。それに即日融資可能、審査時間も消費者金融に引けを取りません。

特に何処の銀行が人気があるのか、どんな点がお勧めなのか理由も含めてご紹介していきましょう。

専業主婦でも50万借りられる!楽天銀行のご紹介

若者に人気のある楽天カードで有名な楽天銀行。でもこの銀行の特徴は他の銀行にないものがあります。それは!専業主婦が50万借りられるということです。

他社の銀行では専業主婦の限度額は20万が相場のところが多いです。ですからクレジットキャッシングのことを思えば、金利も低いですからお得といえます。

  • 登録番号:関東財務局長(登金)第609号
楽天銀行 スーパーローン 詳細
最高融資額 500万
金利 4.9%~14.5%
延滞利率 19.9%
担保・保証人 なし
必要書類 運転免許証・健康保険証・パスポート ※200万までは収入証明書不要
返済方法 元利込定額返済・残高スライド式ルボルディング方式
返済期間・回数 1年ごとの自動更新
返済日 1日、12日、20日、27日より選択出来る

正社員は勿論のこと、非正規、学生バイトでも十分融資対象として対応しております。それに楽天スーパーローンでは、利用するとポイントが付与されるサービスがあります。

詳しくは楽天スーパーローンのホームページをご覧ください。

最低金利が何と3.0%!オリックス銀行のご紹介

消費者金融より金利が低いのが売り物の銀行キャッシングではありますが、オリックス銀行では何と最低金利が他の銀行と比べて何と3.0%の低さの上に、最高限度額が800万円です。

500万円が最高限度額の相場が多い中、800万円はなかなかお目にかかれない金額です。

オリックス銀行 カードローン 詳細
最高融資額 800万
金利 3.0%~17.8%
延滞利率 借入金額+2.1%
担保・保証人 なし
必要書類 運転免許証・健康保険証・パスポート ※300万までは収入証明書不要
返済方式 残高スライド式ルボルディング方式
返済期間・回数 1年ごとの自動更新・審査を行う
返済方法 口座引き落とし・振り込み・提携先ATM

オリックス銀行では、別に口座はなくても安心して、キャッシングを申し込むことが出来ます。銀行で融資してもらうからと言って、わざわざ口座開設しなくてもいいのが何ともいいですね!!

便利なキャッシング!でも借りすぎないように注意をしよう!

消費者金融、銀行どちらでキャッシングするにしても、一番怖いのは借りすぎることです。便利だからこそ、利用者1人1人が気を付けねばなりません。

ご自分の毎月の給料、そして年収とにらめっこし、上手なキャッシングをしましょう。

消費者金融・銀行キャッシング!上手な使い分け教えます

最後に今回初めて消費者金融か、銀行でのキャッシング利用を考えているアナタの為に、上手な使い分け方法を教えましょう。

まず消費者金融でキャッシングを利用するなら、「総量規制」が常にあるということを覚えておきましょう。ご自分の年収の3分の1までがアナタの限度額になる、という訳です。

  • 生活費
  • 冠婚葬祭
  • 旅行費
  • 各種税金の支払いなど

消費者金融を利用するのなら、100万未満で融資を受けることが多いと思いますので、小口融資には大変向いています。「急な出費」や「当日中に足りない分補充したい」と言われる方は特にお勧めです。

銀行キャッシングをお考えのアナタ。そんなに融資を急がない、大口融資は銀行の方が大変向いています。その上総量規制がないので、消費者金融よりは敷居が低いと言えます。

  • 家族の医療・入院費
  • 老人ホームの入居費
  • 大型家電の買い替え
  • リフォーム
  • ライフラインの工事費

銀行キャッシングは上記のような多額にお金が必要な時には大変助かります。現在はどこの銀行でも店頭にキャッシング担当者が待機してますので、相談するにはもってこいです。

従って、「緊急性」を要するなら、消費者金融で、「大口融資」を希望するなら銀行でキャシングしよう~と覚えておくのも対策の1つと覚えておいてください。

新着記事
ページトップへ