> > > 学生で19歳、クレジットカードでキャッシングできる?

学生で19歳、クレジットカードでキャッシングできる?

ショッピングするとき、お会計する時に使えたり、ポイントが溜まったりとなにかと便利なクレジットカード。最近ではキャッシングまでできさらに便利になっていますよね。周りで使っている人を見て「自分もカードを作ってみようかな」と考える人もいるでしょう。

だけど誰でも持てるのか?ましてや、19歳でしかも学生となるとカードの発行は断られてしまうのではないのかと、まだカードを持ったことない人はこんな不安もあると思います。

クレジットカードを使ったことがない「19歳の学生」といったような、不安のある若い人に、事前に知っておくといい情報の紹介です。

未成年・学生でもOK?クレジットカードの申込条件

お買い物の会計時に使えるクレジットカードは、条件をクリアすることができれば、未成年や学生でもカードを作ることができます。

ただ、カードによっては条件が厳しく設けられていたり、審査が厳しかったりすることもあるので、カード選びも重要になってきます。

クレジットカードの申込条件として必要最低限のものとして下記のものはほぼ必須となります。

  • 年齢18以上
  • 安定した収入

これを満たしていればクレジットカードの発行は、実質可能ですので、「19歳の学生」といったような人でもカードを持つことは可能です。

オススメ!学生専用カードもある

クレジットカードには、学生の時にしか申込ができない「学生専用」というカードもあります。専用カードなら、申込者自身に「安定した収入」がなくても、問題ありません。

学生専用カードは、未成年の学生で自分自身に収入がないという人にオススメのカードといえます。ただ、申込みを行うときに親の同意が必要になることを覚えておきましょう。

また、クレジットカードに申込できる「学生」には高校生は含まれません。18歳以上の未成年の大学生や短大生、専門学校生が対象となることにも注意しましょう。

どこで扱っている?学生向けのクレジットカード

  • 学生専用ライフカード
  • 楽天カード
  • 三井住友VISAカードクラシックカード(学生)

クレジットカードといっても、とても数が豊富なのでいくつかピックアップしました。どれも18歳以上となっていますので、未成年の大学生といったような若い学生の人でも申込みが可能です。

最近のクレジットカードでは、18歳以上~となっていることが多く、未成年でも大学生や短大といった人でもカードを持ちやすくなっています。当然探せば、上記の3つのカード以外にも豊富にあるので自分のお気に入りを探し出すのもよいでしょう。

クレジットカードでキャッシング!未成年・学生でも可能?

最近のクレジットカードはお買い物時のお会計に使えるだけではなく、キャッシングを利用して融資を受けることもできる便利なカードになっています。

となると、やはり気になるのは18歳未成年の学生でもクレジットカードのキャッシング機能が使えるのか?と気になる利用者もいるはずです。

高校生ではない18歳以上の学生の場合、クレジットカードのキャッシングは利用できないわけではありません。

借りられても、小額のケースが多い

ただ、クレジットカードのキャッシングを未成年の大学生を利用する場合、小額のみの融資になることが多いです。

よくて10万円、だいたい5万円に設定されるケースが多いようです。

額にしてみれば少ないですが、クレジットカード以外では「学生で未成年」だと融資はほぼできないので、ありがたいといえばありがたいカードとなります。

なんにせよ、高校を卒業していれば未成年であっても、クレジットカードのキャッシング枠を利用して融資は可能ということになります。

クレジットカードにキャッシングをつけるのは簡単?

クレジットカードにキャッシング機能はどうつけるの?なんて質問がよく挙げられていますが、つけ方は割と簡単です。

つけ方は、申込した時に個人情報など、カード発行のために必要な情報を入力する時にキャッシング機能の有無を決めることができます。

ここで機能を付ける申請をしておけば、キャッシング機能を付けてもらうことができるのです。

つけ忘れた!もうキャッシング機能はあきらめる?

クレジットカードのキャッシング機能をつけたかったけど、つけ忘れてしまった。まんがいちにこんな人も中にはいるかもしれませんね。

こうなってしまった場合でも、キャッシング機能はカードの発行をした後でも付けることが可能です。お金の融資を受けられないから、カードを解約して別のカードを作る。なんて面倒な方法をとる必要はありません。

必須ではない!キャッシング機能は付けなくてもOK

クレジットカードのキャッシング機能は必ずつけなくてはいけないわけではなく、外すことももちろん可能です。クレジットカードはあくまでもお買い物にだけ使う、という人は外しておくと無駄な借金もしにくくなります。

また、先に書いたとおりキャッシング機能を外しても、後でまたつけることもできますので、個人の状況に合わせて使い分けていくとよいでしょう。

クレジットカードとカードローンにはこんな違いが!

キャッシング機能が付いているクレジットカードは、「お金の融資ができる」という点ではカードローンと違いがないと思うかもしれませんが、実際には異なる点が結構あります。

まず、最初にあげるのはやはり、お買い物に使えるのかという点です。クレジットカードはキャッシング機能が付いていてもお買い物で使えますが、カードローンはお買い物時に使うことはできません。

融資できる金額にも差が

クレジットカードのキャッシングとカードローンでは融資できる金額にも大きく差があります。クレジットカードは最大限度額でも100万円という金額になっていることが多く、まとまったお金を借りることがなかなか難しいです。

たいしてカードローンは最大限度額は500万円、カードによっては500万以上とまとまったお金の融資をしやすくなっています。さらに、金利も低金利のことも多く、利息も安くなります。

未成年の学生にはどちらがオススメ?

クレジットカードとカードローンを、未成年の学生さんが持つならどちらがオススメなのでしょうか。

理由はいくつかありますが、クレジットカードの方がよいでしょう。クレジットカードならば、18歳以上の学生でも持てるしお買い物をする時にも使える。さらに、キャッシング枠をつけることもできるので融資まで行える。

このような点がクレジットカードの方が良い理由となります。また、カードローンは20歳以上からしか利用できないので、やはり学生にはクレジットカードを持っておくとよいでしょう。1枚あればお買い物に使えてキャッシングもできる、という点もオススメできる点ですね。

学生や未成年でクレジットカードを持つと危険!?

クレジットカードは便利ですが、使い方によっては危険なこともあるのです。

よくあることとしてあげるなら、「借金」であることを忘れてしまう、というものがあります。

さらに、未成年で学生となると、なんとなく使うなんて人もいるかもしれません。クレジットカードは使えば「借金」になりますので、ここは忘れてはいけません。同時にキャッシング機能も使うという人は特に注意しなくてはいけません。

万が一お金の融資をして、返済がされていない!となると、カードが使えなくなるということもあります。さらに、今後クレジットカードやカードローンを持つときに、審査に影響を与えることもあるのです。

借金ということを忘れずに、カードでの過剰なお買いものは控え、使い過ぎには注意しましょう。

クレジットカードには不安がある人もいるかもしれませんが、使い道を間違えなければ問題ありません。学生や19歳といった人でも申込可能ですので、「カード使用の不安」がある人も、この機会に申込してみてはどうでしょうか。

新着記事
ページトップへ