> > > 知ってると少し有利?キャッシングの設定金額と年収の関係

知ってると少し有利?キャッシングの設定金額と年収の関係

キャッシングする上で、自分がどれだけ借入することができるのか、知っていますか?あらかじめ自分でどの範囲でどの程度、借金ができるのか知っておくことも、後々の計画を立てるために必要です。

年収が○○円なんだけど、どれだけ借入できる?なんて質問も結構あるようなので、年収と借入金額にはどんな関係があるのか。借金できる範囲を知っておくことでどんなところが有利なのか、どんなメリットがあるのか解説していきます。

年収がすべて!?知っておきたい設定金額と年収の関係

キャッシングする前に、気になることと言えば借入できる金額と年収が関係あるのか?疑問に思う方も少なくないでしょう。関係があるのか?ないのか?でいうと借入できる金額は年収によって変わってきます。

ただ、年収だけで借入できる金額が決まるわけではありません。借入できる金額は審査によって変わってくるので「年収が高い人」が審査に落ちることや、借入できる額が少ないということもあります。

もちろん、年収が少なくてキャッシングできるので「この低収入だと借入できないのではないのか?」と不安の人でもご安心ください。

いくらでも借りれるわけじゃない!総量規制について知ろう!

「総量規制」キャッシングなどでお金を借入する上で一度は目にしたことや聞いたことがあるのではないでしょうか。借入金額と年収の関係を知るなら、総量規制について知っておきましょう。

では総量規制とは何なのか?簡単に言うとこの規制の対象になるキャッシングだと借入できる金額に制限がかかります。

具体的には?どれくらい制限がかかる?

では総量規制の対象になるとどれくらい制限がかかるのか?というと、「年収の1/3まで」という制限が掛けられます。年収が300万円の人の場合だと、借入できる金額は100万円までということになるのです。

この「年収の1/3」というのは、借入のしすぎを防ぐためにあるので、総量規制の対象になるキャッシングでは無視することは不可能です。

また、総量規制の対象になるキャッシングと対象にならないものあるので、紹介します。

どこが総量規制の対象でどこが対象外なの?

キャッシングといっても扱っている業者は大手の有名どころから、マイナーな業者まで大量にありますよね。この大量にある中から、総量規制の対象なのか、そうでないのかどのように見つけるのか?

簡単に言うと、

  • 「銀行」は総量規制の対象外
  • 「消費者金融」は総量規制の対象
  • 「信販」は総量規制の対象

になります。銀行で言うと、「地方銀行」とか「メガバンク」というとわかりやすいでしょう。

消費者金融には有名どころだと「アコム」とか「プロミス」なんてところがありますね。「信販」これはわかりやすく言うとクレジットカードです。お買い物の時に使う人ならばなじみ深いでしょう。

総量規制の対象になる「消費者金融」や「信販」の場合は「年収の1/3までの借入」ができ、対象外の「銀行」では「年収の1/3以上の借入も可能」ということになります。

複数のキャッシングを利用する場合も総量規制に注意

キャッシングをする人には1つの決まった業者から借入するだけではなく、2つ以上の業者から借入することも、もしかしたらあるかもしれません。その場合も総量規制には気を付けなければいけません。

例えば年収が300万で総量規制の対象になるキャッシングを利用する場合、最大で100万までの借入が可能となります。複数のキャッシングを利用する場合、複数業者での借入合計が「100万円まで」しか借入することはできません。

たとえば、2つの業者から借入するとしてAの業者からは40万円。Bの業者からは60万。この場合2つの業者からの借入合計は100万となるのでギリギリ借入することができます。

借入できない例をあげるとAの業者から60万、Bの業者からも60万。この場合は2つの業者の借入合計は120万となるので、借入することができなくなってしまいます。

また、総量規制外の銀行ならば、総量規制ギリギリまでの借入があったとしても借入できる可能性はあります。

総量規制の対象になるキャッシングを利用するなら、借入額と年収に十分注意しなくてはいけません。

年収が関係してるなら!設定金額はいくらがベスト?

さてキャッシングでの借入額についてですが、いったいどれくらいがベストなのか?疑問に思う人も多いでしょう。借入するのであれば、最大でも年収の1/3までに抑えておいたほうがよいです。

理由は総量規制のところでも紹介しましたが、この範囲ならば自分の収入で返済していけるレベルだからです。もちろん、自分のお金の出費のことも考えなくてはいけないので、借入額はよく考えなくてはいけません。

また、キャッシングでは最初に設定される限度額は30万前後で設定されることが多いようなので、特に希望額などがない場合は30万での申し込みが無難です。

キャッシングは多額をいきなり借入できない?

お金の借入をするなら明日にも大金が必要というような人も少数ではありますがいるでしょう。こんな人に注意ですが、キャッシングで最初から多額を借りられるということは少ないようです。

特に100万円を超える限度額を希望する人は注意が必要ですね。キャッシングにこれまで申し込みをしたことがなく、はじめて申し込みを行うような人は審査に通る確率が低くなる可能性が高いです。

100万円以上の限度額にする方法は

キャッシングで100万円以上の高額の限度額にするには、「増額」する方法があります。これは文字から分かるとおり、契約した後に限度額を増やしてもらえるというものです。

ただ、増額するためにはしばらくキャッシングをして返済状況に問題を起こさず、信用情報の評価を上げる必要があります。最低でも6カ月以上使い続けなくてはいけないので、時間がかかる点に注意しましょう。

どこを選ぶ?キャッシングはよく考えて自分に合ったところで

キャッシングの業者は大量にあるため、どこを選んだらいいのだろう?と借入先について困ってしまう人も多いのではないでしょうか。そんな人のために、簡単に選びかたを紹介したいと思います。

まず、すでに紹介している通りキャッシングには「銀行」「消費者金融」「信販」がありますよね。まあ、信販はキャッシングと言っていいか微妙なところですが…。

まずは銀行!こんな人にオススメ!

まずは銀行でのキャッシングがどんな人に向いているのかという点について紹介。また、銀行のキャッシングと言えば次のような業者があります。

  • バンクイック
  • レイク
  • みずほ銀行

銀行は審査に通りづらいというデメリットがよくあげられますが、その反面次のようなメリットもよくあげられます。

  • 低金利
  • 最高限度額が高い

金利が消費者金融よりも低く設定されているため、当然返済するときの利息を減らすことが可能です。また、最大限度額も高いし、銀行は総量規制の対象にならないために、高額の借入もできる可能性があります。

このことから銀行は、「低金利」で利息を少しでも減らしたい人や、「高額の借入」を考えている人にオススメすることができるキャッシングとなります。

次に消費者金融!総量規制対象だけどこんな人にオススメ!

すでに紹介していると思いますが、消費者金融は総量規制の対象になります。借入額に制限がかかる点に注意しなくてはいけません。消費者金融の有名どころと言えば次のような3つの業者がありますね。

  • アコム
  • プロミス
  • モビット

消費者金融では銀行に比べると金利が高く設定されているため、利息も高めに取られてしまいます。ただ、こんなデメリットもありますが、消費者金融はなんといっても審査の通りやすさと契約までの時間が短いというメリットがあります。

できるだけすぐに借入をしたいというような人や、何としても借入したいというような人にオススメできます。

信販「クレジットカード」でもキャッシングできる

知らない人もいるかもしれませんが、信販発行のクレジットカードにはキャッシング機能を付けることもできます。お買いものにも使えるし、お金の借入もできるため1枚あればいざというときの資金調達に役立ちます。

  • イオンカード
  • 楽天カード
  • セブンカード

お買いものにも一緒につかえて、系列店舗で使えて便利なクレジットカードには上記のようなものがあります。

ただ、キャッシングできる金額はそんなに高くありませんのでここには注意。少ない金額しか借入することができないため、クレジットカードのキャッシングは、初めての借入の人にもオススメできるカードですね。

借入額を知っておくと、どこが有利になる?

最後になりますが、年収と借入金額の関係を知っておくとどんな有利なことがあるのか、どんなメリットあるのか紹介します。

年収から借入金額の目安を把握しておくことで借入のしすぎからの返済滞納や多重債務を防ぐことができます。キャッシングは、返済ができなくなってしまい滞納してしまう人も多いため、自分の年収の中で適正金額の借入することが大切です。

どれくらい借入できるのか?事前に知っておけば、自分の出費も合わせてやりくりできるのか計画を立てることができるので少し有利・便利ですね。

また、キャッシングでは限度額が増えると金利が低くなるので、自分の年収の範囲で借入できる最高の限度額に設定しておく。この方法を使えば金利を減らすことができるので、借入していく間金利面で有利になります。もちろん、借入のしすぎにも十分注意しておくことも忘れてはいけません。


キャッシングでの設定金額は年収に関係していて、事前に設定金額の目安などが分かるので、これから申し込みを行う場合は目安を立てて、よく計画を練っておいた方があとあとの借入や返済を有利に進めることができます。

新着記事
ページトップへ