> > > 高確率で借り入れ可!激甘審査のキャッシング!

高確率で借り入れ可!激甘審査のキャッシング!

色々な金融機関からすでに多額のお金を借りている場合でも、どうしても借りないといけない!ということもありますよね。

そのような場合、一般的な金融機関に借り入れを申し込んでも、ほとんどのところでは審査に落ちてしまいます。

「でもお金が必要!」…と、いう時のために頭の片隅に覚えておいてほしいのが、今回ご紹介する激甘審査の金融機関です。

特別、審査が激甘なところを3社ほどご紹介します。

もしも「どうしてもお金が必要!」という時にはぜひ思い出してみてください。

「そう言えばあんなところがあったな」と、きっとあなたのお役に立つことでしょう。

審査が激甘なキャッシングはズバリ、ココ!

まず最初に、審査が激甘な金融機関の名前をご紹介しましょう。以下のような名前の会社が挙げられます。

  • アロー
  • ハローハッピー
  • 株式会社スカイオフィス

アローは来店の必要がなくWeb上で契約ができるのが手軽な金融機関で、時間帯によっては即日の借り入れも可能です。

ハローハッピーも申し込みはWebや電話で可能なので、とても手軽です。

なお、急いでいる場合は来店して手続きするのがおすすめです。

株式会社スカイオフィスは借り入れ金額が小額で良い、という方にはおすすめです。

審査も最短で30分とスピーディーなのも魅力です。

以上の厳選した3社について詳しく紹介していきましょう。

債務整理した人でもウエルカム!頼れるアロー

アローの頼れる点と言えば、債務整理や自己破産の経験のある方でも、借り入れできる可能性が高いという点です。

また、最大で200万円まで借り入れが可能という、ある程度の大きな金額にも対応しているのが頼もしいですね。

実質年率 限度額 審査まで 年齢制限 返済方法
15.00%-19.94% 1-200万円 最短で即日 20-66歳 元利均等返済

審査は最短で45分で回答が出るので、急いですぐ借りたい、という場合にもたいへん助かります。

その他返済方法については、相談しながら返済回数を決められるので「ちゃんと返せるか不安」という方も安心です。

ただ、カードローンは扱っておらず融資は振込のみで行っています。

そのため、土日や祝日はお休みとなりますので、そのことだけは覚えておきましょう。

複数の場所から借入しててもOKな可能性大!ハローハッピー

ハローハッピーの魅力は「すでに色々な金融機関から借りているんだけど…」という方の味方になってくれることが多い点です。

借り入れ限度額は50万円までと少々低めとなっていますが、Webで申し込むか、分かりづらい場合は電話でも申し込めるので安心です。

実質年率 限度額 審査まで 年齢制限 返済方法
10.00%-18.00% 1-50万円 最短で即日 20-65歳 一括、
元金均等返済

審査に通った場合、来店して契約すれば即日の融資も可能なので、急いでいる方にもありがたいですね。

来店が無理な場合でも、指定口座に振込をしてくれますので、その後、書類を郵送で受け取って契約を交わします。

なお、この際の書類の差出人名は会社名ではなく、個人名で出してくれるという気遣いが嬉しいですね。

断られた続けた人もここならOK?株式会社スカイオフィス

株式会社スカイオフィスは、以前はニッセイキャッシングという屋号で営業を行っていた金融機関です。

審査が最短30分で融資までたいへんスピーディーなのも魅力の一つとなっています。

実質年率 限度額 審査まで 年齢制限 返済方法
15.0%-20.0% 1-50万円 最短で即日 20歳以上 一括、
元利均等方式リボルビング

なお、Webの作りがたいへん分かり易く、操作がし易いのがとても親切です。

Web上には返済のシュミレーション機能もあるので不安な方は、試しに利用してみると良いでしょう。

しかしいずれも、借りる際には注意してほしいのが、「金利が少し高めである」という点です。

借りていれば借りているだけ利子が付いていくので、ぜひ計画的にご利用くださいね。

聞いたことない会社名で不安?そこが激甘な秘密です!

さて、審査が激甘な3社についてご紹介してきましたが、「どこも聞いたこともない会社名で不安」と感じた方もおられるのでは?

実はそれこそが、「審査が激甘にできる秘密である!」と言えます。

有名でないということは、以下のような理由から審査を激甘にしている会社であるということです。

  • CMなどをしていないので広告費も顧客に回せる
  • 会社を大きくしたいのでどんな顧客も受け入れてくれる

テレビなどで見かける金融機関は、バンバンCMを流しているので有名になります。ですがその広告費の分、顧客に回すお金は減ってしまいます。

ですが、有名でない金融機関はその分を顧客に回すことができるので、よりたくさんの顧客にお金を行き渡らせることができるのです。

その他、審査が激甘な金融機関は、大手ではない中小企業であることがほとんどです。

規模の小さい中小企業は、常に「もっと顧客をつけて会社を大きくしたい!」と考えています。

なので、多少ブラックの情報を持っている顧客でも、拒むことなく受け入れてくれる場合が多いのです。

「聞いたことない会社名だから不安」と思わず「聞いたことがないから借りられるんだ!」と前向きにとらえましょう。

やっぱり心配…中小企業の金融機関で借入する時の注意点は

「聞いたことがない会社だから借りられる」とは言っても、やっぱりそういうところで借りるのは心配だし不安、という方もおられるでしょう。

それでは、そのような金融機関でお金を借りる際の注意点をご紹介しておきましょう。

  • 白紙の委任状に印鑑を押さないこと
  • 借りた分と利息は合わせてなるべく早く返す
  • どうしても返せないなら早めに弁護士に相談する

委任状とは、自分が何らかの理由で手続きを行えない場合に、「この人に手続きを任せますよ」という書類のことです。

ここで紹介した3社の金融機関は金融庁に登録されている金融機関です。

なので、こちらでそのようなことはないと思いますが白紙の委任状には要注意です。

もしも、お金を借りに行ったところで白紙の紙を出されて、「ここに印鑑とサインをお願いします」と言われたらそこは絶対に止めておきましょう。

白紙に印鑑とサインをした場合、お金を貸す側が後から都合の良いような契約書類を作成してしまう場合があります。

「サインと捺印をすれば貸す」と言われても、このような場所では、絶対にお金を借りないようにしましょう。

次に、借りたお金は、借りた分と利息も合わせてなるべく早く完済することが大切です。

色々なところでお金を借りて、返せなくなってしまう方にありがちなのが、「いつも利息分の支払いで精一杯で借りた分が減らない」という事態です。

返済できるまとまったお金が手に入ったら、「少し返してこっちは遊ぶお金…」というような分け方はせずにすべて返済に回しましょう。

そして「どうしても返せそうにない」と思ったら、迷っていないで早めに弁護士や司法書士などに相談することです。

「あんなに毎日たいへんだったのに、相談したらウソみたいに楽になった」ということも多々あります。

そのお金本当に必要?キャッシングは計画的に利用しましょう

激甘審査の金融機関を3社ほど紹介してきましたが、いかがでしたか?

「どうしてもお金が必要」となった時には、きっと役に立つかと思います。

しかし、お金は借りれば借りるだけ返すのもたいへんになりますし、返済が長引けば利息も大きくなっていきます。

人それぞれに理由がありますから、借りるのは悪いことではありません。

ですが、借りる前にはよく計画を立てて、賢く便利にキャッシングを利用しましょう。

新着記事
ページトップへ